z
T h i n k
H o t e l ,
T h i n k
H e a r t .
Corporate site

A c t i o n

活動内容

Scroll Down
Scroll Down

2021年6月1日

【ANCHOR HOTEL FUKUYAMA】デニム×サスティナブル×ホテル!この地域ならではの取り組み「REKROW」プロジェクトの展示を開始しました!

Comfortable Stay & ExperienceLocal Community DevelopmentNewsANCHOR HOTEL FUKUYAMA

デニム×サスティナブル×ホテル!
この地域ならではの取り組み「REKROW」プロジェクトの展示を ANCHOR HOTEL FUKUYAMA にて開始しました!

2018年12月のオープンから一貫して、地元ものづくりの魅力発信に徹してきたANCHOR HOTEL FUKUYAMA。
これまでも、館内のインテリアや体験型宿泊プランを通して国内外のお客様に地元の魅力を伝えてきました。

そして、このたび、地元企業の取り組みを「説明要素<アート要素 でカッコよく伝える」新たな試みを開始しました。

第1弾は、産地型サーキュラーエコノミー「REKROW」プロジェクトの取り組みを、ホテル館内にて展示紹介します。
本プロジェクトは、モノづくりの現場で着用し、役目を終えたユニフォームの素材を再利用して新たな製品として生まれ変わらせるチャレンジです。
ANCHOR HOTEL FUKUYAMAが目指す、「地元 福山の素晴らしいプロダクト、技術、人を国内外のお客様にアンカリングする(繋いでいく)」こと、「サスティナブルである」ことと非常に親和性が高く、今回はアンカーホテルより相談を持ち掛け、展示が実現しました。
特に、ホテルエントランスに展示した、横170㎝×縦300㎝もの大きな一枚布は、実に2年もの間、造船所で着用されたワークウェアをパーツごとに解体して繋ぎ合わせたもので、見る人を圧巻し、魅了します。
また、ホテル1階のバーにも同デニムをインテリアとして設え、バー利用の地元のお客様にもお楽しみいただけるようにしました。
展示期間はいずれも7月末までを予定しています。
ご宿泊以外のお客様もご覧いただけますので、お気軽に愛でていただけますと幸いです。

■「REKROW」プロジェクトとは
一般財団法人地域イノベーション財団が取り組み、株式会社ディスカバーリンクせとうちが運営を担う「REKROW」は2020年11月に発足し、広島県福山市を中心とする繊維産地で立ち上げた産地型サーキュラーエコノミー プロジェクトです。
この街で生まれたワークウェアが、WORKERの個性を刻みこの街に戻る。
そして「REKROW」が創造する価値と魅力をのせ、新たな形となり生まれ変わります。
ものづくりの産地だからできること。
この産地の魅力と新たなものづくりの発想を提案し、伝えていきます。
事業者:一般財団法人地域イノベーション財団
運営会社:株式会社ディスカバーリンクせとうち
公式HP: https://rekrow-hiroshima.com/

■プレスリリースはこちらから
https://drive.google.com/file/d/1VHPm81brgCTqfCL45SRy9-q2sbTZdWnn/view?usp=sharing

■ANCHOR HOTEL FUKUYAMA
https://anchor-hotel.jp/fukuyama/

Corporate site VIEW MORE

© Sun-crea Co.,Ltd.